慣れれば楽しい!?ホームページはこうやって作る

ホームページを作るにはどうすればいいの?

世の中には個人法人問わず、様々なホームページが存在していますが、それらはどうやって作られているのでしょうか。ホームページは一般的にHTMLという言語を用いて製作されており、プログラミングとまではいかなくとも、多少の専門知識が必要となります。ですが、ホームページ製作のためのソフトウェアを使用する事で、より簡単に直感的にホームページのデザインをする事ができます。また、最初からデザインされたテンプレートを選ぶだけで、簡易的にホームページを持つことのできるサービスもあり、そちらでも簡単にホームページを製作、管理する事が可能です。ただ、どうしても決められたデザインになりがちですので、オリジナルなデザインを施したいのであれば、自分で製作した方が良いでしょう。

作った後は?サーバーにアップロードしよう

さて、自分でホームページを作り満足のいくデザインができました。それでは、これをどうやったら全世界の人に見てもらえる状態にできるのでしょうか。そのためには、サーバーと呼ばれる場所にアップロードする必要があります。サーバーを簡単に説明すると、インターネットに繋がっており、尚且つアクセス権のある人間であれば誰でもアクセスのできる場所、という感じなので、そこに適切に置かないと自分以外はアクセスできない状態になっています。サーバーにアップロードするためには、まずレンタルサーバー等を契約し、場所を確保しましょう。そしてそのサーバーのマイページ等からホームページのファイルをサーバーにアップロードする事で、全世界に公開する事ができます。なお、レンタルホームページサービスやレンタルブログサービス等は最初からアップロードされている状態のため、この手続は不要です。